ここから本文です

オリ田嶋、警告試合で死球当て退場処分 直前に大乱闘で佐竹コーチが退場

8/13(火) 19:57配信

Full-Count

4回に佐竹コーチが死球与えた森脇を小突いて大乱闘に

■西武 – オリックス(13日・メットライフ)

 13日の西武-オリックス戦(メットライフドーム)で4回表に大乱闘があり、オリックスの田嶋大樹投手がその裏に森に死球を与えて退場処分となった。

【動画】速水もこみちさんが始球式に登場し、爽やかな笑顔でファン魅了…ロジンバッグを高く掲げ、オリーブオイルように振ったパフォーマンスの一部始終

 試合は序盤から荒れ模様に。初回に福田がユニホームをかすめる死球を受けると、3回には1回途中の守備から佐野に代わって出場していた後藤も死球を受け、西村監督がベンチから出てきて両軍が睨み合う乱闘寸前の騒ぎに。そして、4回に大乱闘となった。

 2死満塁の場面で西武2番手・森脇が若月に死球を与えると、若月がマウンドに向かう仕草を見せる。すると、オリックスの佐竹一塁コーチャーがマウンドに駆けつけ、森脇の胸を両手で突いた。ここから両軍が入り乱れる大乱闘に。マウンド付近でのもみ合いが続いた。

 佐竹コーチは暴力行為で退場処分に。警告試合となった。すると、その裏に2死一、二塁の場面でオリックス田嶋が森に死球を当て、退場に。オリックスは2番手で吉田一をマウンドに送った。西武は続く中村が走者一掃の3点打を放ち、リードを6点に広げた。

 両チームは、4日の京セラドームでの対戦でも西武・岡田への死球をきっかけに乱闘寸前の騒ぎとなっていた。

Full-Count編集部

最終更新:8/13(火) 19:57
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事