ここから本文です

復権の兆し?マンU、チェルシー撃破のスタメンは開幕節でプレミア最年少だった

8/13(火) 9:23配信

ゲキサカ

 プレミアリーグの2019-20シーズン開幕節でチェルシーを4-0で下したマンチェスター・ユナイテッド。その試合のスターティングメンバーはプレミアリーグの20チームの中で最も若かったという。クラブ公式サイトが伝えている。

 11日、昨季6位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃したユナイテッドは、本拠地オールド・トラッフォードで同3位のチェルシーと対戦。開幕節で実現したビッグマッチに注目が集まったが、攻守で圧倒したユナイテッドがFWマーカス・ラッシュフォードの2ゴールもあり、4-0と完封勝ち。クラブ公式ツイッターで「完璧なスタートを切った」と投稿するなど、完勝を喜んだ。

 スタメンには、今夏加入したDFハリー・マグワイア(←レスター・シティ)とDFアーロン・ワン・ビサカ(←クリスタル・パレス)のほか、アカデミー出身者を5選手も起用。さらにベンチスタートだった新戦力MFダニエル・ジェームズ(←スウォンジー/21)、17歳のFWメイソン・グリーンウッドにも出場機会が与えられた。

 クラブ発表によれば、スタメンの平均年齢はプレミアリーグ発足後でクラブ史上最年少となる24歳227日。ノリッジ(25歳89日)、サウサンプトン(25歳102日)を抑え、今節のプレミアリーグ20チームの中で最も若いスタメンだったようだ。

 以下、チェルシー戦のスターティングメンバー

GKダビド・デ・ヘア(28)
DFアーロン・ワン・ビサカ(21)
DFハリー・マグワイア(26)
DFビクトル・リンデレフ(25)
DFルーク・ショー(24)
MFスコット・マクトミネイ(22)
MFポール・ポグバ(26)
MFアンドレアス・ペレイラ(23)
MFアントニー・マルシャル(23)
MFジェシー・リンガード(26)
FWマーカス・ラッシュフォード(21)

最終更新:8/13(火) 9:23
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事