ここから本文です

横浜FMのU-20W杯戦士MF山田康太、名古屋に期限付き移籍「今の自分にとって必要なチャレンジ」

8/13(火) 15:31配信

ゲキサカ

 名古屋グランパスは13日、横浜F・マリノスのMF山田康太の期限付き移籍加入を発表した。なお、背番号は38で、19シーズンの公式戦で横浜FMと対戦した際には出場できないことが併せて発表されている。

 99年7月10日生まれの20歳は、横浜FMの下部組織から18年にトップチームに昇格。今季はJ1リーグ1試合、ルヴァン杯5試合、天皇杯1試合に出場していた。また、年代別代表にも名を連ね、今年5月にポーランドで開催されたU-20W杯では全4試合に先発出場して決勝トーナメント進出に貢献した。

 山田はクラブを通じて、「名古屋グランパスに移籍することになりました山田康太です。名古屋のファミリーの皆さまの前で一日でも早くプレーし、チームの勝利に貢献していきたいと思っています。応援よろしくお願いします」とコメント。

 また、横浜FMの公式ウェブサイトでは「小さいころからF・マリノスで育ち、クラブへの思い入れもとても強いため、期限付きではありますが他のクラブのユニフォームに袖を通すことは戸惑いもありました。移籍の話をもらい、今の自分にとって必要なチャレンジになると思い、さらに成長するためにこの移籍を決めました。成長してまた横浜に戻って来たいと思います。応援をよろしくお願いします」とコメントしている。

 以下、プロフィール

●MF山田康太
(やまだ・こうた)
■背番号
38
■生年月日
1999年7月10日(20歳)
■身長/体重
175cm/68kg
■出身地
神奈川県
■経歴
横浜FMユース-横浜FM

最終更新:8/13(火) 15:54
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事