ここから本文です

一発で手打ちを直す“肩入れ”術 野田すみれ

8/14(水) 5:26配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

注目度急上昇中の女子大生プロが登場♪

今回から登場するのは、現役女子大生ですでに海外のティーチング資格を取得している野田すみれプロが登場。今年の国内プロテスト合格を目指しており、今後ツアーでも活躍が期待される選手のひとり。細身ながら体を効率よく使った飛ばしのテクニックは、多くのアマチュアも学ぶべき点が多い。

【動画】野田すみれがムービーでもレクチャー

「飛距離アップ」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーXさんの悩み】
「自分のスイングを見た人に『手打ちだよ』と指摘されることが多いです。どうしたら手打ちを直せますか?」

【野田すみれのレスキュー回答】
手打ちの主な原因は、バックスイングを手先で上げてしまう“手上げ”だと考えています。ポイントは、始動からテークバックまで。手打ちを直して飛距離アップにつなげるためのバックスイング術をお教えします。

1. 左肩をあごの下に入れる

スイングの始動から体の回転を意識するには、左肩を意識することがポイントです。多くのアマチュアの皆さんは、左肩があごの下に入るまで回りきれていないのが現状。手より肩の動きを意識することが、手打ち防止の近道です。

2. 右ひざを動かさない

トップの位置では、体の軸をブレさせないことも、手打ちを防ぐポイントとなります。意識するのは右ひざ。右ひざをアドレスの位置のままキープすること。右ひざが動くとスエーの原因になり、切り返し以降手の力を使ってしまうからです。

3. 縦回転の意識で振る

左肩をあごの下に入れる際、体は横ではなく縦に回します。横回転だとインパクト時にフェースが戻りきらなかったり、必要以上にアオリ気味のスイングになってしまうからです。体を縦方向に回せば、前傾角度がキープされ再現性が高まります。

【今回のまとめ】左肩を意識して手打ちを防ぐ

・左肩をあごの下に入れる。
・右ひざを動かさない。
・縦回転の意識で振る。

取材協力/カメリアヒルズカントリークラブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事