ここから本文です

アウディ Q5 改良新型、早くも最終デザインが丸見え!?

8/14(水) 8:00配信

レスポンス

アウディのミッドクラス・クロスオーバーSUV、『Q5』改良新型プロトタイプをスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

[関連写真]

Q5は、『Q7』に続く同社のSUV第2弾として2008年にデビュー。2016年のパリモーターショーでは、現行モデルとなる2代目が初公開、翌2017年に発売されており、これが初のフェイスリフトとなる。

捉えたプロトタイプのカモフラージュは、開発初期段階としては軽く、フロントガラスに貼られた「高電圧注意」ステッカーから、この試作車がPHEVであることがわかる。

また現行モデルと異なる『Q8』風LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、これまでにないメッシュグリルパターン、コンパクトに修正されたコーナーエアインテークを装備しているほか、リアエンドでは水平基調のグラフィックを持つテールライトも見てとれる。これらが最終デザインとなるかは断定できないが、それに近いものであることは間違いないだろう。

キャビン内では、『A4』改良新型からインスパイアされたレイアウトが予想される。10.1インチのディスプレイを特徴とする最新のインフォテイメントシステムを搭載するほか、自然言語による音声制御技術と12.3インチのデジタルインストルメント・クラスタも期待できるという。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン/ガソリンターボエンジンのほか、最高出力300psを発揮する3.0リットルV型6気筒ガソリン+電気モーターの「50 TFSI e」、最高出力362psを発揮する「55 TFSI e」などプラグインハイブリッドのラインアップがキャリオーバーされる見込みだが、新エンジン追加の可能性もあると見ている。

ワールドプレミアは、2020年前半が有力だろう。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:8/14(水) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事