ここから本文です

米の中国への追加関税~一部を延期する理由

8/14(水) 12:10配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月14日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。アメリカが中国に課す追加関税の背景について解説した。

中国に関する追加関税第4弾、アメリカが一部延期を発表

アメリカのトランプ政権は13日、中国からの輸入品のほぼすべてに関税を課す、追加関税の第4弾を9月1日に発動すると正式に発表した。また、アメリカの消費者に配慮して、携帯電話やパソコンなど一部の製品については12月15日まで適用を延期するとしている。

飯田)以前から予告はされていました。ただ、一部は12月まで伸ばした。クリスマス商戦をにらんでということが言われていますね。

これまでは中国の消費者が関税を負担~アメリカの消費者にも負担が出始める

高橋)この関税の掛け合いは、そこだけを見てしまうのですけれど、実は価格がどうなるかがいちばん大事なのです。いままでの関税ですと、アメリカが中国製品について掛けるのですけれども、価格はそれほど上がっていません。つまり中国の方が輸出価格を少し下げて、関税を負担しているということです。しかし、だんだん広げて来ると、さすがに価格上乗せをするものが出て来たということだと思います。その内の目立つものが、PCモニターやビデオゲームなどですよね。そういうものはおそらく価格が上乗せされる。そして価格が上乗せされると、さすがにアメリカの消費者も黙っていない。逆に言うと、価格が上乗せされるということは、関税の負担をアメリカの消費者がするという形になってしまう。そうなるとまずくなるということです。

飯田)景気との見合いも含めてトランプさんが判断すると。

高橋)ええ。だからそれはそれで戦略的にやっていて、いままでは関税を課してもアメリカ国内の価格は上がらないように、代替品で他から調達できるものにしていたのですけれども、今回はだんだん最終製品になって限界になって来たのだと思います。それでもかなりの数で課していますからね。そして価格が上がらなければ、トランプさんとしてはいくらでも関税をかけていいと思ってしまいますよ。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 12:10
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい