ここから本文です

「偽装不倫」ピンク髪で注目!瀬戸利樹、ドラマを通して恋愛観が変化

8/14(水) 6:06配信

シネマトゥデイ

 日本テレビ系のドラマ「偽装不倫」(水曜よる10時~)で、主人公の姉・葉子(仲間由紀恵)の不倫相手で、ピンク髪のボクサー・八神風太を演じる瀬戸利樹。本作に出演したことで「年上の魅力に心打たれています」と恋愛観の変化があったことを明かした。

瀬戸利樹のバックハグ!「偽装不倫」場面写真

 人気漫画家・東村アキコによる同名コミックを実写ドラマ化した本作は、婚活に疲れた32歳の派遣社員・濱鐘子(杏)が主人公。鐘子は、一人旅の最中に出会った伴野丈(宮沢氷魚)に「既婚」だと嘘をついたことから恋のチャンスがやってくる。一方、鐘子の姉・葉子は高スペックで優しい夫・賢治(谷原章介)がいるにもかかわらず、14歳年下のボクサー・風太と不倫をしているのだった。

 ピンク髪が印象的な風太は、葉子が既婚者であることを知らず「葉子さん大好き」と一途に愛を伝える。そんな風太役をオーディションで射止めた瀬戸は、「オーディションは正直『やるだけのことはやれたかな』と終わったときに感じました。実際に決定の連絡を受けたときはめちゃめちゃうれしかった」と喜びを爆発させたという。

 瀬戸は撮影の約1か月前からボクサーの役として、身体を作りながらプロと同じような激しい練習を重ねた。試合のシーンでは顔面も殴られ、相手役を殴ることも。「殴られるより人の顔を殴る方が僕のなかでは抵抗があって。アクション監督さんに振り切って殴ってほしいと言われ、最初は躊躇(ちゅうちょ)していました。しっかり振りぬく作業が大変です」と撮影の裏側を明かす。

 また瀬戸自身、役どころとの共通点については、「負けず嫌いだけど、風太ほどしつこくない」と笑い、「風太のプロボクサーという夢と、僕が素敵な俳優になるための夢を追っていることが一緒!」と目を輝かせる。明るいところも似ているというが、「これから風太もただ明るいだけではなくなってくる。しっかり男らしい部分もたくさん見えてくると思う」と葉子との関係によって変化していくことをほのめかす。「風太の明るさっていうのは、どこかで『好かれたい』という思いから出ているものかもしれない。それは僕も同じ。そういうところを含め、風太をしっかり最後まで導いてあげたい」

 さらに、本作の出演で恋愛観が変化したとのこと。「風太を通して、年上の魅力に心打たれています」と理想を述べ、「ぼくまだちゃんとした恋愛っていう恋愛をまだしてなくて多分。“本当の好き”ってやつをまだぼく知らないんですよね。笑っていいです(笑)。風太を演じて、包み込んでくれるような女性と出会いたいな、と強く思ってしまいました」と嬉しそうに話していた。(編集部・梅山富美子)

最終更新:8/14(水) 6:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事