ここから本文です

危機一髪。森に墜落した飛行機パイロットの動画レポート

8/14(水) 11:01配信

ギズモード・ジャパン

備えあれば意外と早く見つかるんだなぁ。

突然ですが、私、セスナに乗ったことがあります。アメリカ時代の上司がセスナを何機も所有していて、そのひとつに乗せてもらったことがあるんですね。楽しみにしていたんですが、いざ乗ってみたら小さな空間だし、音がうるさいし、飛行機なんかよりもはるかに空と空気をダイレクトに感じて、ジェットコースターなんて目じゃないほどの恐怖を体験しました。飛行機よりも安定感がなくて、いつ墜落してもおかしくないし、なんていうか、むしろ安全に飛んでいることがありえないほどの脆さがあるというか…。

結局、飛び始めて15分くらいで半泣きになりながら頼んで帰らせてもらいました。その時から、セスナを操縦できる人は私とは別人種だと思っています。すごい、恐怖に対する耐性がきっと別次元。逆らっちゃいかん。

で、そんな私をさらに「小型飛行機パイロット・リスペクト」させることが発生しました。Mashableによると、小型飛行機がカナダはケベック州の森に墜落し、救出までの様子を動画ブログにした人がいるんですよ。ありえないことが起こると冷静になるんだなぁ。

ではその動画をどうぞ。

ケベック州の山のどこかに墜落してしまったパイロットのMatt Lehtinen氏。「この経験から学べることがあれば…」と動画に残すことに。

墜落したのは7月27日の午前9時15分。パラシュートを使ったので衝撃を緩和することができましたが墜落の衝撃で羽は折れ、ドアも割れています。幸いなことに衛星電話は動いていたので、速攻でSOS。

少しいただけでも、たくさんの虫に参ってしまっている様子。パラシュートが地上まで降りてしまっていて目印にならないので、狼煙を炊くことにしたようですが、その間も、漏れ出る燃料の匂いが強く感じられて辛そうです。

そうこうしているうちに、衛生電話には「捜索隊があなたの狼煙を確認したよ」の連絡が。そして墜落飛行機のそばにとどまること数時間ーー。

同日14時15分にレスキュー隊がやってきました。

レスキュー隊からブザーとカラースモークを受け取り、Mattさんは無事にヘリコプターに引き上げられて救助されました。

驚いたのは墜落から救出までがたった5時間という短さだったこと。早いね!よかったね! というのも、夏のケベック州の森に生息する野生動物とのエンカウンターを考えたら、たった5時間といえど生きた心地がしなかったことでしょう。例えば、The Guardianは「IF you go down to the woods」という記事でこう書いています。

「ケベック州には7万頭のクマが生息しています。8月になると入山してブルーベリー摘みを楽しむ人がいますが、クマと遭遇する確率は非常に高く、死を招くこともあります。」

怖い…。クマと一言で言っても、ツキノワグマのような小型じゃなく、ケベック州ならアメリカグマですからね。Matt氏は虫に悩まされただけなのは不幸中の幸いです。ああ、クマ要素で道に逸れてしまいましたね。

Matt氏の飛行機が墜落した原因ですが、エンジンが停止する直前にオイル圧と温度に異常があったそうです。すぐにパラシュートを起動できたので、無事に不時着できましたがもしなかったら…。冷静な判断ができてよかったですよね。

今の季節、山やキャンプに出かける人も多いと思いますが、ライターと通信機器はきちんと確認しておいた方がいいですね。今回の救出劇だって、衛星電話がなかったら救助には時間がかかっていただろうし。山に行くのにスマホだけだと心許ないですもんね。スマホにしても、せめてモバイルバッテリーはいくつか持って行った方がいいかもしれません。

Source: Mashable

中川真知子

最終更新:8/14(水) 11:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事