ここから本文です

ヤマハ発動機が新業務用和船 9月発売 定員、積載量を拡充

8/14(水) 7:56配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ヤマハ発動機は、同社最大規模の業務用和船「W-43AF」を9月2日に発売すると発表した。操船者を含め最大50人乗り。シュノーケリングやダイビングといった観光業や漁業、養殖業者などへの販促を強化し、国内で年間20隻の販売を目指す。

 W-43AFは、FRP(繊維強化プラスチック)製で全長約13・1メートル、幅約3・2メートル、重さ3021キロ。スクエア型の船首採用や壁面形状などの見直しで、デッキスペースを既存の最大モデルより約20%増やした。

 定員は12人増、最大積載量は千キロ近く重い5161キロ。一度に多くの団体客受け入れが可能になるほか、漁具や漁獲物の積載と整理といった作業性向上につながる。ダイビング客などが乗り降りしやすいよう喫水線から船の縁までの高さを低めに設計している。

 船のみの希望小売価格は549万円(税抜き)。

静岡新聞社

最終更新:8/14(水) 7:56
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事