ここから本文です

Ryzen PRO搭載の14型モバイルノート「ThinkPad T495s」

8/14(水) 6:00配信

Impress Watch

 レノボ・ジャパン株式会社は6月4日、Ryzen PROを搭載する13.3型と14型のThinkPadを発表した。前回のThinkPad X395に引き続き、今回は14型ThinkPad T495sが送られて来たので、試用レポートをお届けしたい。

【この記事に関する別の画像を見る】

■ThinkPad T490sのAMD Ryzen 5 PRO 3500U搭載版

 ご存知のように、ThinkPadにはいろいろなシリーズが用意されており、なかでも人気があるのは、X/T/X1 Carbonではないだろうか。今回ご紹介するThinkPad T495sは、この人気のあるTシリーズ、T490sのAMDプロセッサ搭載版となる。

 執筆時点での販売代理店モデルは、20QJ0000JP(Ryzen 5 PRO 3500U/8GB/256GB/10 Pro)の1モデル。直販モデルは、ThinkPad T495s: パフォーマンス(Ryzen 5 PRO 3500U/8GB/256GB/10 Home)、ThinkPad T495s: プレミアム(Ryzen 7 PRO 3700U/16GB/512GB/10 Home)、ThinkPad T495s: パフォーマンス(Pro OS選択可能)(Ryzen 5 PRO 3500U/8GB/256GB/10 Pro)の3モデルが用意されている。

 販売代理店モデルとパフォーマンス(Pro OS選択可能)モデルは10 Proで同一構成。ほかは10 HomeでRyzen 7 PRO 3700U搭載機は直販モデルのみ扱っている。

 手元に届いたのは10 Pro搭載のRyzen 5 PRO 3500U/8GB/256GB。おもな仕様は以下のとおり。

 プロセッサはRyzen 5 PRO 3500U。4コア8スレッドで、クロックは2.1GHzから最大3.7GHz。キャッシュは4MB、TDPは15W。前回試用したThinkPad X395と同じSKUとなる。メモリはPC4-19200 DDR4で8GB(PCMark 10 System Informationで4GB×2と確認)。ストレージはSSD 256GB。OSは64bit版のWindows 10 Proを搭載する。

 ディスプレイは14型IPS式非光沢のフルHD(1,920×1,080ドット)。外部出力用にHDMIとType-Cを備えている。それぞれ最大出力は4,096×2,160ドット。

 ネットワークは有線LANとしてEthernet拡張コネクター2。これは本体内にGbEコントローラを内蔵しているので、単にRJ45とコネクタ形状が違うだけだ。標準で変換ケーブルも付属する。隣接するType-Cと合わせて別売のDockに接続するための構造となる。無線LANはIEEE 802.11ac対応。Bluetooth 5.0にも対応している。

 そのほかのインターフェイスは、USB 3.1 Type-C×2、USB 3.1×2(1つはPowered)、720p対応Webカメラ、microSDカードスロット、指紋センサー、音声入出力。Type-Cは電源入力も兼ねている。ネットワークおよびインターフェイス関連は、前回のThinkPad X395と同じ構成だ。

 バッテリは3セルリチウムイオンを内蔵し、最大約13.9時間駆動可能。サイズ約329×226.15×16.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量約1.33kg。販売代理店モデルの場合、税別価格188,000円となる。

 直販モデルは同じ構成で213,840円(税込・送料無料)となるものの、OSがWindows 10 Homeで良い場合は、eクーポン適用後115,258円(税込・送料無料)と結構お買い得だ。同一構成のX395は105,754円(eクーポン適用後/税込・送料無料)。1万円ほどしか変わらない。

 最上位のプレミアムモデルは、Ryzen 7 PRO 3700U/メモリ16GB/SSD 512GBでeクーポン適用後152,842円。下位モデルと約3.7万円ほどの差となる。

 カスタマイズではメモリ16GB、ストレージSSD最大1TB、タッチ対応パネル、英語キーボードなどの選択が可能だ。ただしOSは10 Homeのまま英語版のみ(10 Home搭載モデル)、また仕様上はLTEに対応しているとあるが、執筆時点では販売代理店モデル、直販モデルともに項目は見当たらなかった。

 筐体はお馴染みのマットブラックで、所有するT440sと比較すると薄く、そして実測で1,314gと約200gほど軽くなっている。同時に持ち上げると重量差はあまり分からないものの、薄く感じる。

 比較写真はないが、フチは約3分の2ほどになっている。とはいえ、旧モデルと比較すれば狭額縁だが、昨今の他社の狭額縁を謳うノートPCほどは狭くない。

 天板はLenovoのロゴはなくThinkPadのロゴのみ。iの点の部分は赤く点灯/点滅する。前面は、パネル中央上にWebカメラ。ThinkShutterを装備している。左側面は、Type-C(電源入力共通)、Type-C、Ethernet拡張コネクター2、USB 3.1、HDMI、音声入出力。右側面は、ロックポート、USB 3.1(Powered)を配置。裏は四隅にゴム足。手前左右にスピーカー。バッテリは内蔵式で着脱できない。少しわかりにくいが、後ろ側面にmicroSDカードスロットがある。

 付属のACアダプタは45Wタイプだ。サイズ約93×40×30mm(同)、重量194g、出力20V/2.25A、15V/3A、9V/2A、5V/2A。

 14型のディスプレイは、発色、コントラスト、視野角はOKだが、明るさはX395同様、最大輝度が他社のノートPCと比較して若干暗めだ。物撮りも輝度100%で背景とのバランスが丁度良かった(他社製は明る過ぎることが多く、50~75%に下げて撮っている)。おもに室内であれば全く問題ないものの、屋外の明るいところでは輝度不足になるかも知れない。

 キーボードはテンキーなしのアイソレーションタイプ。TrackPoint装備のいわゆるThinkPadキーボードだ。主要キーのキーピッチは約19mm。14型なので余裕があり歪な並びやピッチもない。ストロークはそれなりに確保、打鍵感も良い。明るさ2段階のキーボードバックライトも搭載している。

 タッチパッドはパームレストも含めフットプリントに余裕があるため、広めで快適に操作可能だ。脇右上に指紋センサー。

 振動やノイズは、試用した範囲では許容範囲内に収まっている。発熱はX395同様、ベンチマークテストなど負荷をかけると、おもに右側面が強烈に熱くなるが、筐体が大きい分、パームレストまでは熱が降りてこない。この点は大きい差のように思える。

 サウンドは裏にスピーカーがあるため、机などに反射するタイプだ。幅があるのでステレオ感はX395より良い。ただ最大出力と音質は同じ傾向。カマボコレンジで雑な音、パワーも足りない。基本ビジネス向けなので、同社としてはあまり気にしていないのだろう。

■NVMe SSDでさらに性能アップ

 OSは64bit版のWindows 10 Pro。初期起動時のスタート画面(タブレットモード)は1画面。Lenovoグループがプリインストールとなる。デスクトップは壁紙の変更のみとシンプルだ。

 Ryzen 5 PRO 3500U/8GB/SSD 256GBなので、一般的な用途であればストレスもなく快適に使用できる。またSSDがNVMeタイプなので更に足回りは速くなっている。

 ストレージはSSD 256GBの「SAMSUNG MZVLB256HBHQ」。Cドライブのみの1パーティションで約237.23GBが割り当てられ空き215GB。データシートによるとNVMeタイプで「Read speed: up to 3000 MB/s」とある。確かにベンチマークテストでは相当する値が出ている。前回のThinkPad X395と比較して、主要ハードウェア的に異なるのはこの部分だ。

 GbEはRealtek製、Wi-Fi(Wireless-AC 9260)とBlietoothはIntel製だ。これからも分かるように、Ethernet拡張コネクター2は単にコネクタ形状が違うEthernetポートとなる。この点は個人的に不満なのだが、X395でいろいろ書いたので今回は省略する。

 おもなプリインストールのソフトウェアは、同社お馴染み「Lenovo Vantage」のみ。ご覧のようにデザインが一新されている。ほかのソフトウェアは念のためコントロールパネルのプログラムと機能を確認したが「OneDrive」だけとあっさりした構成だった。

 ベンチマークテストは、PCMark 10、PCMark 8、3DMark、CINEBENCH R15、CrystalDiskMark、BBench。結果は以下のとおり。

 前回の「X395」のスコアは掲載していないものの、プロセッサ、メモリ、パネル解像度が同じで、ストレージのみこちらの方が高速。比較するとほぼ同レベルで、明らかに異なるのはPCMark 8のStorageだった。多くはRyzen 5 PRO 3500Uの平均的なスコアと見て良さそうだ。

 BBenchは、キーボードバックライト/ディスプレイの明るさ0%、電源モード:バッテリ節約機能で測定したところ、残5%で13時間58分16秒。仕様上、約13.9時間なのでそのとおりの結果だった。

 ThinkPad X395と比較して2時間ほど長くなっている。ただし明るさ0%はほぼ見えないため、実際はもう少し短くなると思われる。

 総じて、競合プロセッサのCore i5-8265Uを搭載したThikPad T490sと比較して、iGPUは上、プロセッサはほぼ同レベル、バッテリ駆動少し短め、価格若干安め、といったところだろうか。何を重視するかによってどちらを選ぶかとなりそうだ。

 またThinkPad X395と比べると、筆者は今回に限って(もともと12.5/13.3型好きというのもあり)T495sに軍配を上げる。

 最後に余談であるが、X390/395、T490s/495s、この次の型番はどうなるのだろう。3桁目は変えられないため、2桁目で1桁増えたX3100/T4100sとなるのだろうか。それとも16進数でX3A0/T4A0sとなるのか? 気になるところだ。

 以上のようにLenovo「ThinkPad T495s」は、AMD Ryzen 5 PRO 3500U/8GB/256GBを搭載した14型フルHDノートPCだ。筐体に余裕がある分、発熱はX395ほどでもなく気にせず運用可能。もちろん昔から変わらないThinkPadクオリティは健在だ。

 高めの価格はeクーポンが使える直販モデルなら内容相応。仕様上はEthernet拡張コネクター2以外、とくに気になる部分もない。ThinkPad(Tシリーズ)ファン、AMDファン、14型ノートが欲しいユーザー、すべてにお勧めできる1台と言えよう。

PC Watch,西川 和久

最終更新:8/14(水) 6:00
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事