ここから本文です

台風が接近 海の家には土のうの壁が・・・ 高まる波と風雨に警戒 静岡県

8/14(水) 20:25配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

大型の台風10号は15日にも西日本に上陸する見通しです。

県内の沿岸にも波浪警報が出されている他、今後強まる雨と風に警戒が必要です。

午後5時現在の推定で、台風10号は種子島の南東を1時間に15キロの速さで北北西に進んでいて、15日に西日本に上陸する見通しです。

福島流星記者 「静岡市駿河区の用宗海岸です。風が強まってきました。波けしブロックには高い波が押し寄せています」

午後、遠州南と中部南には波浪警報が出され、波は5メートルから7メートルと予想されています。

港ではロープで船が固定されていました。

漁協の職員 「東岸壁の方は焼津の港にほとんどの船が避難していますね。今回の台風は大きいということで早めに避難していますね」

南伊豆町の弓ヶ浜海水浴場は、14日も遊泳禁止に。大潮にあたり潮位が高いため、海の家の周りには土のうを積み上げる対策を取りました。

ハングリーズのスタッフ 保坂千文さん 「このお盆の時の台風が一番困ります。売上は例年に比べて苦しいですね。ほぼ遊泳禁止が多いので今年の夏は」

今後雨と風は強まる見通しです。15日正午までの24時間に予想される雨は最大150ミリ。その後16日までに最大400ミリとなっています。

最大瞬間風速は陸上で25メートル、海上で30メートルと予想されていて、気象台は高波や浸水、突風などに警戒を呼びかけています。

テレビ静岡

最終更新:8/14(水) 20:25
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事