ここから本文です

(モノ語る 1945―2019)対馬丸に乗せていなければ 姉2人の死、父と母は沈黙

8/14(水) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「母は、兄姉のことは何も話してくれなかった」
 「対馬丸の話、父はほとんどしませんでした」
 昨秋から始めた遺族宅への訪問で、外間(ほかま)邦子さん(80)=那覇市=はたびたび、こんな言葉を聞いた。
 外間さんの両親も、そうだった。
 母・ツル子さんは、明治44年生まれ。笑顔の写真を見た記憶がない。父・宏栄(こうえい)さんは沖縄県庁に勤め、冗談をよく言う人だった。その父でさえ死んだ姉たちのことは話題にしなかった。
 母33歳、父35歳。1944年の夏に事件は起きた。
 サイパンが米軍に占拠され、次は沖縄が戦場になるとみた政府は、沖縄から本土への疎開を閣議決定した。…… 本文:1,347文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:8/14(水) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事