ここから本文です

韓国の輸出優遇対象国から外れても日本に影響はない

8/14(水) 17:50配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月14日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。韓国が輸出優遇対象国から日本を除外したニュースについて解説した。

韓国が輸出優遇対象国から日本を除外、世耕経産大臣が反論

世耕経済産業大臣は13日、韓国が輸出管理上の優遇対象国から日本を除外すると発表したことをうけ、ツイッターに根拠が不明だと投稿した。経済産業省では韓国側に日本を除外する根拠を問い合わせているということだ。

飯田)輸出統制体制の基本原則に外れるように制度を運営していると。「んん?」という感じだし、安全保障と言うのであれば、一体うちはどこに再輸出しているのか証明してほしいと思うのですが。

高橋)韓国のこの制度から外れても、日本は痛くも痒くもないですから、別に構わないのではないですか。

飯田)影響は限定的と。

日本から輸出を受けている韓国企業が「再輸出をしていない」と言えばいい話

高橋)ほとんどないですよね。輸出の優遇対象はいろいろな国が作っているのですけれど、EUも作っていて、日本は優遇対象に入っていますが韓国は入っていません。EUの制度から外れると少し大変かもしれませんが、韓国の制度から外れても痛くも痒くもないし、何なのですかと聞いた方がいいですよ。大体、日本の措置のことを韓国の方は、徴用工に対する報復だと認識しているということでしょう。しかし日本はそうではなく、安全保障上の措置だと言っているのに、韓国は「それは嘘で、本当はこういう理由でしょう」と言う。わけがわからなくなりますよね。冷静に考えると、安全保障上の措置と言ってもらったほうが、お互いに解決は簡単なのですよ。日本の安全保障上の措置と言ったときに、韓国に輸出してその再輸出先が分からない。だから韓国に輸出するのだけれど、最終需要者のところできちんと消費しているのかどうかを証明すれば、それで終わってしまうのですよ。だから韓国企業で日本からの輸出を受けているところが、うちでこれだけ使いました、と言ったらそれで終わりですよ。

強い大統領を示すことで支持率が上がる文在寅政権

飯田)そもそもの発端は安全保障上の部分で、輸出管理で不明になってしまっているケースが文在寅政権になってから多く、3倍くらいに増えている。これは数字ですでに明らかであると。

高橋)韓国政府も自ら言っているわけです。それを横流しのように、ダミーで韓国企業が輸入して、それを再輸出していないということを示せばいいのですよ。それなのに話し合いにならないような話を持って来ている。解決したくないとしか思えないですよね。

飯田)解決したくない。

高橋)それはそうでしょう。解決しようと思ったら、安全保障上の問題だと言っている日本の話に乗るのがいちばん簡単ですから、解決したくないのですよ。

飯田)揉めているなかで強い大統領だと示すことで、支持率も上がっている。韓国の政権与党にとっては美味しい話でもあると。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 17:50
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事