ここから本文です

湘南監督、指導自粛…梅崎「こんな状況で試合できるのか」

8/14(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 J1湘南は13日、パワハラ行為の疑いが生じたチョウ貴裁(ちょう・きじぇ)監督(50)がJリーグの調査終了までの間、試合での指揮や現場指導を控えると発表した。当面は高橋健二コーチ(49)が代役を務める。この日の練習は平塚市内で非公開に変更して行われ、真壁潔会長、水谷尚人社長から選手に経緯が説明された。

 U-20(20歳以下)日本代表のMF斉藤は「試合はやってくるので、僕たちがやることはサッカーをすること」と努めて冷静に話したが、ベテランのMF梅崎は「なんでこんな風になったのか分からない部分が多い。正直、こんな状況で、試合ができるのかなというところはすごくある」と困惑した。現在11位の湘南は17日に鳥栖戦(BMWス)を控える。クラブ関係者によると、8月中にも調査の結果が出る見通し。

最終更新:8/14(水) 9:41
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事