ここから本文です

笑顔がまぶしい女子中学生スイマー ターンを磨き全国タイトル獲得へ 静岡県

8/14(水) 21:15配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

2018年10月。

富士市で行われた招待レースで、あの池江璃花子選手とともに表彰台にのぼった1人の中学生が。

「憧れの人と同じ場所(五輪)に行きたい。今度はもっと大きい大会で一緒に乗りたい」

富士中学3年・磯江月希乃選手、14歳。

自由形を専門種目とし、2018年の全中では2年生ながら全国6位入賞。

さらに、7月には100メートル自由形で県中学新記録を樹立!

身長168センチの長い手足を生かした、ダイナミックでテンポの良い泳ぎを武器とする期待の逸材です。

磯江選手
「全中で一番上に乗れたらすごく嬉しい。絶対に表彰台乗れるように頑張りたい」

彼女を指導する吉田コーチは

吉田稔コーチ
「伸びしろは計り知れない。手の長さを生かして、1番を目指して表彰台を狙う」

しかし、これまで一度も全国の舞台で表彰台に立てず、何度も悔し涙を流してきた磯江選手。

中学最後のこの夏にかけ、苦手のターンを猛練習してきました。

磯江選手
「練習を頑張れば、結果が出るということがわかったから毎日練習している」

イメージづくりのため自宅で何度もターン練習。毎日感覚を養い、体に叩き込んできました。

磯江選手
「以前よりおいて行かれないようになったし、壁を蹴るときも以前よりスムーズになった」

苦手だったターンを克服し、2018年の全中から約1年で1秒以上ベストタイムを更新しました。

そんな磯江選手、今年は受験を控えた中学3年生。

勉強でも負けたくない彼女は、練習前後の水泳場、そして練習が終わった後の自宅でも勉強に励む姿が。

水泳と勉強漬けの毎日を送る14歳にとって、癒しとなっているのが…

実は家で猫を7匹も飼っていて、大好きな猫からパワーをもらい日々エネルギーに変える磯江選手。

女の子らしい一面をのぞかせる彼女ですが、水中ではアスリートの顔になり、ひたすら猛練習を続けます。

そして勝負の全中を3週間前に控えた7月、好タイムを出しオリンピック出場を2度経験した松本弥生選手とともに表彰台に。

そのオリンピアンは磯江選手の泳ぎについて…

松本選手
「ちょっと私の泳ぎに似ている感じがする。全体的にはかなり大きい泳ぎで、高い身長を生かせている。私が中3の頃は多分1分02秒とかで、インターハイで優勝した高校2年生のときが57秒02とかだった。そういう意味では本当に期待大です」

オリンピアンも賞賛する、大きな可能性を秘めた14歳。

彼女が目指すのは、最後の夏で初の全国タイトル!

磯江月希乃選手、中学最後の夏が始まります。

テレビ静岡

最終更新:8/14(水) 21:15
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事