ここから本文です

いま2019年だよ? 脱獄とかMODとかやる意味あるかな?

8/14(水) 14:01配信

ギズモード・ジャパン

悲しい事故が起こるたび、「自己責任論」を振りかざす人の多い今日この頃。突き放した言い方に、胸がちくりと痛みます。ですが、今回に限っては声を大にして言ってもいいですか?

【全画像をみる】いま2019年だよ? 脱獄とかMODとかやる意味あるかな?

この記事をご覧になり、個人でお試しになった結果に関して、ワタクシは一切責任を負いませんので、悪しからずッ!

近ごろ、MOD(モッド:ゲーム改造)やジェイルブレイク(Jailbreak/脱獄:携帯電話やモバイル機器などの制限を取り除く行為)のコミュニティは、前ほど活発ではない模様。というのも、巨大テック企業は脱獄できないようにプログラミングをますます堅牢化し、脱獄を企むアマチュアジェイルブレーカーの皆さんも「時間と労力をかけてデバイスのデフォルトOSをアンロックしたところで、その元が取れるのかしらん?」と、もやもやしているようです。2019年にこういうことをする意味って、まだあるんでしょうかね?

さてここでは、これまでに大流行した有名なMODをいくつかピックアップして、今でも試す価値のあるものかどうかを検証します。そこで何をするか、何が得られるかということについてざっくりお話ししますので、こちらを参考にご検討くださいね。

Nintendo SwitchでMODを実行する

AndroidがNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で動作するという話は、みなさまもすでにご存じかもしれませんね。Switchは人気も高く、比較的シンプルなガジェットなので、MOD職人の皆さんがガバッと飛びつきました。それに、うんと頑張れば、オープンソースのオペレーションシステムであるLineageOS 15.1やNetflix(ネットフリックス)なんかのアプリもそこで動かせるんですってよ。おまけに、microSDカードからAndroidを起動させることも可能だそうで、それでも再起動すればNintendo Switchやゲームなんかも正常運転に戻っちゃうんですって! あらま!

MODそのものは非常に簡単で、ウェブサイトからファイルをいくつか選んでmicroSDカードに書き込み、カードから起動させるというもの。Netflix、Spotify(スポティファイ)、YouTube(ユーチューブ)といったアプリは動作しますし、Nintendo DS(ニンテンドーDS)のエミュレータアプリであるDraSticや、数々のゲームも動くんだそうです。Androidの気持ちを代弁すれば「おい…これ、標準のAndroidタブレットだよな…」と信じながら走り続けているという感じでしょうか。

もちろん、制限もバグも存在します(このMODに限ってはまだ出始めなので、念のため)。サポート対象のアプリだって、クラッシュや誤動作の可能性も。大人気のゲーム「フォートナイト」は動きませんし、マイクやカメラも使えないので、Google Duo(グーグルデュオ)も、Snapchat(スナップチャット)も、「ポケモンGO」なんかのゲームも使えないんですが…。

それって意味あんの?って思いません? 現時点では、数ある中でも簡単で面白いMODではあります。特に、Nintendo Switchそのものを改造する必要はないという点で。どこかが壊れちゃったら、いわゆる「自己責任」になっちゃいますけどね。

それはさておき、Nintendo SwitchでAndroidが動作しているのを検知した任天堂側が、いきなりロックをかける危険性だって常にあるんですよ。つまり、あなたのNintendo Switchにリンクしているゲームのデジタルライブラリーや、任天堂のアカウントにアクセスできなくなって顔面蒼白、なんてことも十分考えられるんです。 念のため。

1/4ページ

最終更新:8/14(水) 14:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事