ここから本文です

いま2019年だよ? 脱獄とかMODとかやる意味あるかな?

8/14(水) 14:01配信

ギズモード・ジャパン

iPhoneで「脱獄」を行なう

iPhoneのジェイルブレイク(脱獄)には、長~い歴史があります。昨今では、さらにApple(アップル)が守りを固くしてきてますし、これまで脱獄を実行するために使われていた機能がすでにiOSにはたくさん取り入れられてきましたので、脱獄は昔ほど人気ではありません。リスクと利益を天秤にかければ、ま、こうなりますよね。

とはいえ、脱獄は今でもできますよ。iOS 12も脱獄コミュニティにはやりたい放題にされてきましたし。つまり、Chimeraやunc0verのようなツールを使えば、たいていのiPhoneが脱獄できてしまうということなんです。スマホでファイルを2つ3つコピーして、ボタンを2、3回タップするだけ。こんなに簡単にできちゃうのも、脱獄コミュニティの努力のたまものなのです。

iPhoneでできることに関しては、脱獄してCydiaのような脱獄済み端末用アプリストアにアクセスすれば、もっとフレキシブルになること間違いなし。iOSの見た目を変えたり、ファイルマネージャーを動作させたり、あるいはドックにもっとアイコンを追加したり、自宅にいるときにはパスコードをオフにさせたりと、通常はロックがかかっているような、こういうiOSのオプションがぜーんぶ解放されるんですって。

さて、脱獄するべきか、脱獄しないべきか…、それが問題ですな。これは、言ってみれば荒野に一人で旅に出るようなものです。Appleからはセキュリティの更新も受けられなくなるし、危険なプログラムをインストールしちゃうというリスクはあるし、保証も無効になっちゃうし、ぶっちゃけ申し上げますと、脱獄してゲットできるようになったユーティリティもアプリも、特別「どう、すごいでしょ!」というほどのものでもないんです(通知画面にすてきなアニメーションを表示するような、カッコいいものもあるにはあります)。

まあ、簡単にできるものですし、元に戻すのもわりと簡単です。なので、試すかどうかくらいは考えてみてもいいんじゃないでしょうか。 もちろん自己責任でね。

2/4ページ

最終更新:8/14(水) 14:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事