ここから本文です

8年5カ月ぶり営業再開 小高の食品スーパーふるうち

8/14(水) 9:49配信

福島民報

 東京電力福島第一原発事故に伴い休業していた南相馬市小高区の「食品スーパーふるうち」は十三日、総菜店「おはぎとおそうざい ふるうちの台所」に生まれ変わり、八年五カ月ぶりに営業を再開した。

 午前十一時のオープンを前に多くの市民らが集まった。事前に用意していた六十個のおはぎはすぐに売り切れ、製造が追い付かなくなるほどの盛況ぶりだった。ポテトサラダやナポリタンなどの総菜も並んだ。四代目の古内和彦店長(42)は「小高の町おこしにつながればうれしい」と語った。

 市内原町区から訪れた主婦横田洋子さん(59)は「ここのおはぎが大好き。昔懐かしい味を提供し続けてほしい」と笑顔を見せていた。

 営業時間は午前十一時から午後五時まで。日、月曜日は定休。

最終更新:8/14(水) 9:49
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事