ここから本文です

【次走】グランアレグリアはスプリンターズSからマイルCSへ

8/14(水) 12:48配信

netkeiba.com

 5月5日のNHKマイルC(GI)で5着だったグランアレグリア(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)は、9月29日のスプリンターズS(GI・中山芝1200m)から、11月17日のマイルCS(GI・京都芝1600m)へ向かうことがわかった。所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで14日、発表された。鞍上は引き続き、クリストフ・ルメール騎手の予定。

【写真】グランアレグリアこれまでの軌跡

 グランアレグリアは父ディープインパクト、母タピッツフライ、その父Tapitという血統。

 GI初挑戦となった昨年12月16日の朝日杯FSでは牡馬相手に臨んでアドマイヤマーズの3着だったが、続く今年4月7日の桜花賞では休み明けながら、2着シゲルピンクダイヤに2.1/2馬身差の完勝を収めている。これまでの5戦は全て1600m戦で、1200m戦への出走はスプリンターズSが初めてとなる。

 スプリンターズSに3歳牝馬が出走すると、2018年のラブカンプー(2着)、2016年のソルヴェイグ(3着)と、出走機会2連続で好走を収めているが(2017年は出走なし)、すでにGIを勝っている3歳牝馬がスプリンターズSに出走するのは、1997年の桜花賞馬キョウエイマーチ(11着)以来、22年ぶりに。

最終更新:8/14(水) 17:05
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事