ここから本文です

AIが全身まひの男を操る復讐劇「アップグレード」予告解禁、コミカルな脳内会話も

8/14(水) 12:00配信

映画ナタリー

「インシディアス 序章」のリー・ワネルが監督を務めたSFアクション「アップグレード」の予告編がYouTubeにて公開された。

【動画】「アップグレード」予告編(メディアギャラリー他2件)

近未来を舞台に最愛の妻を殺され、自身は全身まひとなった男グレイ・トレイスを主人公とした本作。「STEM」と呼ばれる最新のAIチップを人体に埋め込み人間を超越した身体能力を手に入れた彼は、脳内でSTEMと対話をしながら、妻を殺害した組織に復讐を誓う。「インビテーション」「プロメテウス」のローガン・マーシャル=グリーンがグレイを演じた。

予告にはまるでマシンのような常人離れしたアクションで敵を次々と倒していくグレイの姿を収録。STEMが「私は“STEM”。君の体を動かしてる」とグレイに語りかけるシーンのほか、「俺は忍者だ」と調子づくグレイに対し、「私は最新技術であり忍者ではない」とSTEMがツッコミを入れるコミカルなやり取りも。このたび解禁されたポスタービジュアルには「復讐が、<起動>する──。」とコピーが添えられた。

「アップグレード」は10月11日より東京・シネクイント、新宿シネマカリテほか全国ロードショー。本作はサウス・バイ・サウスウエスト 2018のミッドナイターズ部門、第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭のコンペティション部門で観客賞を受賞している。



(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS

最終更新:8/14(水) 12:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事