ここから本文です

N国・立花党首、マツコ&MXに毎週月曜突撃宣言「謝罪するまで毎週お邪魔する」

8/14(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 7月の参院選で初議席を得た「NHKから国民を守る党」(N国党)の立花孝志党首(51)が13日、東京都内で行った国政政党設立会見で、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でタレント、マツコ・デラックス(46)が同党に対して発言した内容を改めて非難した。前日12日に同番組を生放送中だった同局を電撃訪問したが「MXさんが謝罪するまで、毎週お邪魔する」と今後も“突撃デモ”を止めないことを宣言した。

 謝るまで止めない。立花党首が、マツコとMXテレビに対する徹底抗戦を宣言した。

 「来週以降も、確実に毎週月曜日の5時にMXさんにお邪魔する。有権者をばかにする発言は公共の電波を使って行うべきものではない」

 この日はN国党が国政政党として設立されたことを正式に発表した。その席で、立花氏は「何らかの説明、謝罪が出てくるまでは有権者と一緒にMXに行きたい」と強調。同席した丸山穂高衆院議員(35)も「番組に立花党首を呼べということ」と付け加えた。

 問題視するのは、先月29日の「5時に~」でのマツコの発言。立花氏が「NHKをぶっ壊す」と訴えて初議席を獲得したことに「評価はこれから。本当にこれだけの目的のために国政に出て税金が払われるなら、受信料より迷惑」「中にはふざけて投票した人も相当数いると思う」などと指摘。他の出演者も立花氏の政見放送への違和感を口にし、マツコも「気持ち悪い」と同意していた。

 激怒した立花氏は自身のネット配信動画で「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と宣言。前日12日には東京・麹町の同局前に突撃し、マツコらが同番組の生放送中だったガラス張りのスタジオの外で、支援者らと約1時間抗議。警官も出動する騒ぎとなった。

 立花氏の言動は議論を呼んでいる。美容外科、高須クリニックの高須克弥院長(74)は、ツイッターに「営業妨害」「異なる意見の持ち主の意見を封殺しないのが民主主義。N党は民主主義政党ではないのかな?」と投稿。登山家の野口健氏(45)も同じくツイッター上で「それが国会議員の行いか?」「発言をした民間人の実名をあげながら『ぶっ壊す!』と訴えるなど極めて異常」と批判した。騒動は今後も続きそうだ。

最終更新:8/14(水) 8:46
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事