ここから本文です

リオ五輪女子バレー金の中国人選手、4年間の出場停止処分に

8/14(水) 16:50配信

AFP=時事

【AFP=時事】中国反ドーピング機関(CHINADA)は、2016年のリオデジャネイロ五輪の女子バレーボールで金メダルを獲得した中国代表の中心選手だった楊方旭(Fangxu Yang、ヤン・ファンシュ)に対し、禁止薬物を使用したとして4年間の出場停止処分を科すと発表した。

【図解】世界反ドーピング機関が発表している禁止薬物と摂取方法

 2022年まで出場停止になる楊は、これで連覇を目指す中国代表の一員として来年の東京五輪に出場することができなくなり、選手キャリアはほぼ間違いなく絶たれることになる。

 CHINADAによれば、24歳の楊は昨年8月に行われた抜き打ち検査で、赤血球の数を増加させる働きを持つ禁止薬物のエリスロポエチン(EPO)に陽性反応を示したという。

 セルビアを下したリオ五輪の決勝で3ポイントを挙げた楊の名前は、13日の発表を前に代表チームから消えていた。

 CHINADAはまた、アイスホッケー選手と学生アスリートにも処分を科したと明かしている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:8/14(水) 16:58
AFP=時事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事