ここから本文です

台風10号 15~16日に静岡県内最接近 大雨最多400ミリ

8/14(水) 12:20配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡地方気象台によると、ゆっくりとした速度で西日本に接近している大型の台風10号の影響で、静岡県内は14日午前から沿岸部を中心に雨が降り始めた。台風が本県に最も接近する15日から16日にかけて、雨量は多いところで400ミリに達する恐れがある。

 気象台によると、15日午前6時からの24時間予想雨量は中部、西部300~400ミリ、東部200~300ミリ、伊豆100~200ミリ。台風の接近前も暖かく湿った空気が流れ込む影響で大気の状態が不安定になり、15日午前6時までの24時間雨量は150ミリに達するところがある。

 沿岸部は16日にかけてうねりを伴い大しけとなり、高波に警戒が必要。予想される波の高さは5~7メートル。次第に風も強まり、陸上の最大風速は中部、西部12メートル(最大瞬間風速25メートル)、伊豆11メートル(同25メートル)と予想している。

静岡新聞社

最終更新:8/14(水) 20:10
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事