ここから本文です

iPhoneで簡単にコードを書けるアプリ「Musician Keyboard」が便利すぎる

8/14(水) 12:23配信

ITmedia NEWS

 こんなインプットメソッドがほしかった。

 ピアノやギターなど、コード楽器をやる人はコード譜を入力する機会は多い。コード譜というのは、CとかFとかGとかAmとかいう和音を簡単にアルファベットで記載したもの。「この曲のコードを知りたい」と思えば、ネットで「曲名 コード」「song name chords」と検索すれば出てくる。便利な世の中だ。

ぼくはmaj派だが△にしてみた

 自分で作曲する場合にも、コードだけ書いて、それに合わせてメロディーや歌詞を追加したり、その逆だったり、いずれにしてもコードを入力することは頻繁なのだ。筆者の場合はライブで演奏する場合、出来るだけ1枚で済ませたいので楽譜は歌詞とコードだけ入力したものをiPadで表示している。

 だが、このコードというのがちょっとやっかい。基本的には英数字と記号なのだが、

・大文字で使うのはAからG、そしてM
・小文字はaugとかdimとかsusとかmとか
・数字は頻出
・#とb

といった具合に多種多様な文字を使うので、キーのシフトが頻繁に発生するのだ。物理キーボードならまだしも、ソフトウェアキーボードでは相当に面倒くさい。

 それを一気に解決してくれるアプリに出会った。

 それが「Musician Keyboard」というiOS用無料アプリである。埼玉のソフトウェア会社クライムアップが開発した。

 インプットメソッドも用意されていて、チャットやメモ書きでコードを簡単に入力できる。単体アプリも、標準インプットメソッドとの切り替えがワンボタンでできて、他のアプリへの共有ができるので、頻繁に使うのでなければこれだけで十分だろう。

 追加キーボードとして設定すれば、メモ帳など他のアプリ内で簡単にコード入力できる

 モード変更は1つだけ、CDEFGの代わりにI II III IV Vというローマ数字にシフトするだけという心づくしがありがたい。

 フラットをbと簡易表記するか♭と表記するかといった細かい調整も設定で可能だ。ローマ数字もIやVで簡易表記するか、1文字で表示するかを選べる。

 とにかくこのキーレイアウトを見てほしい。分かる人はそれだけで欲しくなるはずだ。

追記:作者のKozeさんから教えていただいたのだが、キーを長押しすると、別の形式で入力できる。さらに、C Major 7thの場合にはMajorをMとするかMajとするか△とするかなどを決めておくこともできるのだ。

 「おや、スラッシュがないぞ」という人は、onを長押ししてみるといいだろう。onの代わりにスラッシュをデフォルトにできるのだ。便利すぎる。

ITmedia NEWS

最終更新:8/14(水) 17:51
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事