ここから本文です

徐敬徳教授、「安倍の嘘」英語映像を配布

8/14(水) 16:15配信

中央日報日本語版

徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が「安倍の嘘」をテーマに英語の映像を制作し、14日にユーチューブに載せた。

3分30秒の映像は今まで安倍首相が日帝強占期の強制動員、旧日本軍慰安婦、侵略の歴史などに関連してどのように嘘をついたかを見せている。

映像は「日本政府は『徴用工』という表現の代わりに『旧朝鮮半島出身労働者』という表現を使う」という安倍首相の発言を見せた後、生きて出ることができない「地獄島」の軍艦島(端島)で暮らしたイ・チュンシクさんらを事例に挙げて植民支配の不法性を指摘する。

続いて安倍首相が「日本が国ぐるみで『性奴隷』にしたなどと、いわれなき中傷が世界で行われている」と発言した後、元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さんの証言と毎週水曜日に日本大使館前で開かれる水曜デモ、各国専門家の学術的証言でこれに反論している。

映像は「世界の人々は日本が過去を心から謝罪し、その土台の上に新しい未来を共に築いていくことを望む」とし「北東アジアの平和のために、さらに世界の平和のために安倍首相はこれ以上嘘をついてはいけない」と強調した。

最終更新:8/14(水) 16:15
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事