ここから本文です

大炎上の愛知・大村知事 吉田沙保里氏にも「ご迷惑」…迷走?元も子もないリツイート

8/14(水) 11:39配信

デイリースポーツ

 公費が投入された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展が、従軍慰安婦を象徴した「平和の少女像」などの展示を行ったことに批判が集まり中止となった問題で、芸術祭の実行委会長を務める大村秀章愛知県知事のSNSが大炎上している。

【写真】批判が集まった「平和の少女像」

 大村氏は、8月上旬以降にツイッター投稿した「あいち-」関連の投稿を全削除。「私は過去のツイッターの一部を削除しましたが、これは愛知トリエンナーレの展示の一部中止の件と関係のないお知らせの関係者に対し、同件に関する書き込みがなされ、ご迷惑をおかけする事態になったため、やむを得ず削除したものです」と釈明した。

 大村氏のツイッターには、責任を問う声など膨大な数のコメントが殺到。和田政宗参院議員からは、大村氏と芸術監督を務めた津田大介氏とのツーショット写真が削除されたと指摘ツイートも入っている。

 大村氏は、迷惑が及んだ8つの団体などを明記して謝罪したが、すぐさまレスリング女子で五輪3連覇を果たした吉田沙保里氏に、愛知県県民栄誉賞を贈ったとするツイッター投稿を行い、吉田氏が受賞を報告したツイッター投稿もリツイートした。

 このため吉田氏のツイッターにも大村氏から贈られたことを指摘するコメントなどが集まり、また「ご迷惑」が及んでいる。

最終更新:8/14(水) 13:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事