ここから本文です

【札幌記念】ブラストワンピース 新コンビ川田を背に楽々と芝で好時計「整った」

8/14(水) 21:10配信

東スポWeb

【札幌記念(日曜=18日、札幌芝2000メートル)注目馬14日最終追い切り:札幌競馬場】今秋に仏GI凱旋門賞(10月6日=パリロンシャン競馬場)に挑戦するブラストワンピースは今回から手綱を任された川田が函館まで駆けつけて、芝コースでロジシルキー(3歳2勝クラス)と併せ馬。

 道中は4馬身ほど追走してスタート。1週前にビシッと追ったことで、道中は素軽さが出て4角手前で早くも馬体を並べる。ゴール前で軽く気合をつけられる程度だったが、僚馬をスッと2馬身突き放して5ハロン64・9―36・1―11・8秒の好時計を楽々とマークした。

 川田騎手「2週前に乗った時も悪くなかったですけど、今日の方が歩みを進めてくれた感じ。動きが違って変化があったので、僕なりに感じるものがあった。競馬に乗っていないのでどういった動きをするかはわかりませんが、レースに向けて整ったと思います」

 新たな鞍上を迎えて挑む今回、フィエールマン同様に凱旋門賞へ向けて注目の一戦になる。

最終更新:8/14(水) 21:13
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事