ここから本文です

【札幌記念】ワグネリアン 洋芝も関係なし!ラスト11・7秒に福永「体つきには弾力があった」

8/14(水) 21:10配信

東スポWeb

【札幌記念(日曜=18日、札幌芝2000メートル)注目馬14日最終追い切り:札幌競馬場】2018年のダービー馬ワグネリアンだが、同年秋の神戸新聞杯を快勝するも以後疲労が残り、今春は1戦(大阪杯=3着)。そして次は夏のこのレースと順調さを欠いているが…。

 この日は芝コース単走。福永を背に5ハロンから馬なりで69・1―52・4―37・9―11・7秒。軽い脚さばき、しなやかな身のこなしを披露、態勢は整った。4か月半ぶりでも、鞍上の感触は上々で、ダービー馬の底力に期待した。

 福永騎手「栗東でつくってきたので、今朝は感触を確かめる形で1ハロンだけ伸ばした。気が張っている中でもリラックスして走れていたし、体つきには弾力があって、息も良かった。このレベルの馬だから洋芝うんぬんは関係ない。コーナーで加速する馬ではないので小回りがどうかだが、今は身のこなしも変わってきているから、スタートも含めていろいろクリアしてくれれば」

最終更新:8/14(水) 21:13
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事