ここから本文です

加藤浩次 因縁の対決に勝利も反省!?「俺の負け 反則負けだよね」

8/14(水) 12:57配信

スポニチアネックス

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が14日放送の日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」との3度目の相撲対決を制するも「反則負けだよね」と反省する場面があった。

 対決は13日放送の日本テレビ「ウチのガヤがすみません!」(火曜後11・59)で実現。最初の対決は2013年2月放送の「スッキリ」。ふなっしーが豪快に投げ飛ばされ、テーブルの足に顔面を強打。ふなっしーはブレイクのきっかけになった対戦を振り返り、「あの後2日間、肩上がらなかったなっしよー。ガチなんだもん。最初マット敷いてあったなしよ。CMの最中に加藤さんがそーーと寄ってきて、『ふなっしーお前マットいらねぇよな?』って言ってきた。テレビって怖いなって」と裏話を暴露。それから1年10カ月後、2014年12月放送の「スッキリ」で再び対決。今度は約20秒の熱戦。粘ったふなっしーだったが、最後はまたも投げ飛ばされた。

 そして、「ひゃっほー、愛している加藤さん。モヤモヤしてるって言うからさー。相撲でもしてさーすっきりしようぜ加藤さーん!」と3度目の対決。ふなっしーは低い体勢で突進し、なかなかのいい勝負になるも、やはり敗れ、最後には加藤がふなっしーの頭に付いた花を引きちぎった。ふなっしーは「あーーーー!!!」と肩を落とすも、加藤は「お前、結構マジで来たな。お前やるな!」とその戦いを称賛。加藤の「(花は)付くんだろ?」の“労い”の言葉に、ふなっしーは「ボンドでつきます」とリアルな返しで笑いを誘った。

 そんなふなっしーとの熱戦をVTRで振り返った加藤は「ふなっしーが気合入ってましたからね、こっちも気合入れていきましたよ。結構荒っぽいんだよね」との成長ぶりに感心。さらに「俺の負けっていうのもあるんだよね。相撲ってまげつかんだらダメでしょ?まげつかんだかなっていうのは自分の中ではある。ふなっしーは髪飾りって言ったからいいのかな?あれをまげとして考えた場合、反則負けだよね」と反省の弁。しかも、すでに勝負がついてから花を取っている節があり、「つかんじゃったからな。勝ってから引きちぎってるね…」とも。とはいえ「髪飾りがないと、やっぱりふなっしー、かわいくないね。つるんとしちゃって」と苦笑するばかりだった。

最終更新:8/15(木) 10:45
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事