ここから本文です

元高見盛の振分親方、故郷・板柳町で大人気もまわしオファーは固辞…

8/14(水) 17:21配信

スポーツ報知

 大相撲の夏巡業が14日、青森・板柳町で行われた。同町出身の振分親方(元小結・高見盛)は故郷に初凱旋となった。

 朝稽古後には周囲から促され、ぎこちないながらも笑顔で手を振って土俵下を一周した。“角界のロボコップ”と呼ばれた元人気力士は「現役時代も巡業でここに帰ってきたことはなかった。でも、自分はもう力士ではない。親方は目立っちゃいけなんです」と力説。巡業関係者から、まわしを締めて相撲を取るオファーが届いていたが、かたくなに断った。それでも、「少しでも相撲を取る青森の子供が増えれば」と願い、サインを求める長蛇の列に丁寧にペンを走らせていた。

 

最終更新:8/14(水) 17:21
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事