ここから本文です

阪神・木浪「気持ちは切らさずに準備してきた」逆転劇の立役者に

8/14(水) 21:28配信

デイリースポーツ

 「中日3-6阪神」(14日、ナゴヤドーム)

 阪神・木浪聖也内野手が、逆転勝利の立役者となった。

【写真】ソロを放った木浪が近本とハイタッチ

 五回、2死無走者で代打で登場し、6連打の起点となる右前打。六回には3号ソロを放ち、貴重な追加点を奪った。チームはナゴヤドームの連敗を5でストップした。

 試合後、木浪のヒーローインタビューのやり取りは以下の通り。

 -五回、代打の打席はどんな意識で?

 「塁に出ることをとにかく考えて、思い切り振った結果がヒットになったのでよかったです」

 -7月以来、23打席ぶりのヒット。

 「ずっと苦しんでたんですけど、気持ちは切らさずにしっかりと準備してきたので。ヒット一本、打ててよかったです」

 -チームは一気に6連打。5点が入った。

「勢いに乗っていたんで、このまま勝てるかなと思いました」

 -本塁打もよく飛んだ。

 「完璧でした」

 -今まで打った本塁打の中では?

 「2番目ですかね(笑)」

 -チームは白星でこの3連戦を終えた。

 「何とか一つでも多く勝ってAクラスに行きたいと思います」

 -ファンにひと言。

 「これから全部勝ちますので、熱い応援をよろしくお願いします!」

最終更新:8/14(水) 22:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事