ここから本文です

鳥取県米子市 美術館の前に福祉の店

8/14(水) 13:18配信

中海テレビ放送

鳥取県の米子市美術館で開催中の「チームラボ☆学ぶ!未来の遊園地」の期間中、美術館の前にかき氷とアイスクリームの屋台が出店しています。運営しているのは、障がい者の就労を支援しているNPO法人山陰福祉の会です。
山陰福祉の会は、イベントに出店したり、米子市内に和食の食堂を運営するなど障がい者の収入を増やす取り組みをしています。一般的に内職などで得られる障がい者の収入は鳥取県では1日で1,000円程度と言われていますが、こうして直接商品を販売すればもっと多くの収入が見込めます。
屋台で販売されているのは、かき氷の他に食感が魅力のアイスクリーム、それに話題のタピオカドリンクです。この日の米子市内の最高気温は36℃を超え、多くの人がひと時の涼を求めていました。この屋台は「チームラボ☆学ぶ!未来の遊園地」が開催されている9月3日までの期間中、毎日出店しています。

最終更新:8/14(水) 13:18
中海テレビ放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事