ここから本文です

トップリーグ王者の神戸製鋼がクボタを圧倒。トップリーグカップ決勝

8/14(水) 10:44配信

J SPORTS

8月10日(土)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「トップリーグカップ2019」のプレーオフ決勝戦、神戸製鋼コベルコスティーラーズvs.クボタスピアーズの一戦が行われた。

昨年度のトップリーグ王者の神戸製鋼は、準決勝で昨年度トップリーグ準優勝のサントリーを32-26で下し、ファイナル進出を決めた。一方のクボタは、準決勝で先制されるも逆転。31-24で東芝を振り切って決勝の舞台へ駒を進めた。

王者の神戸製鋼に、初タイトルを目指すクボタが挑む一戦は、やはり神戸製鋼が実力は一枚上ではという見方もあった。

ただ、昨年度のカップ戦ではクボタが24-22で勝利している。さらにクボタは今大会を全勝で勝ち上がってきており、両チームのハーフ団が好調だけに接戦も予想された。

しかし、7,890人のファンが集った西の聖地で行われた真夏の夜の決戦は、蓋を開けてみれば序盤から赤き王者が圧倒的な強さを見せた。

神戸製鋼は前半10分、敵陣22m近くでの相手ボールラインアウトをLO(ロック)タウムア・ナエアタがスチールし、ラックからWTB(ウイング)アンダーソン・フレイザーまでパスを繋ぎ、アンダーソンがキック。

そのキックしたボールをターンオーバーし、マイボールにすると左にBK(バックス)陣が展開。

最後はトライゲッターのWTB山下楽平がトライ。SO(スタンドオフ)ヘイデン・パーカーのゴールは外れたが、5-0と神戸製鋼が先制する。

さらに16分、神戸製鋼はラインアウトからモールを形成しながら相手ゴールに迫り、この試合はSOではなく、本職のSH(スクラムハーフ)に入ったアンドリュー・エリス、CTBナイジェル・アーウォンとつなぐ。

そして、最後は日本代表としてワールドカップ出場を目指すPR山下裕史が中央にグラウンディングしトライ。SOパーカーのゴールも決まり、12-0とリードを広げる。

攻撃の手を緩めない神戸製鋼は、19分にもラックからSOパーカーのキックでインゴールに転がしたボールをWTB山下が押さえた。

さらにWTB山下は32分にもステップで相手をかわしてトライを挙げ、前半でハットトリックを達成した。神戸製鋼は24-0と大量リードで前半を折り返した。

後半、クボタも反撃に出たかったが、神戸製鋼のペースは変わらなかった。後半7分、ターンオーバーしたボールをパスでつなぎ、WTBアンダーソンがDFの裏にチップキックし、自らでキャッチし40mを走り切ってトライ。

16分に敵陣5mラインアウトからモールを形成し、そのまま押し込んでHO(フッカー)有田隆平がトライ。

さらに24分には敵陣ゴール前スクラムから途中出場のSH日和佐が持出し、走り込んできたCTBアーウォンのトライで、43-0と勝負を決定づけた。

クボタは36分、ゴール前中央のスクラムから右へボールを動かし、FB近藤英人がコーナーに飛び込み一矢報いたが万事休すだった。

結局、試合は43-7の大差で、昨年度のトップリーグ王者の神戸製鋼が快勝し、トップリーグカップを制して、令和初のタイトルを獲得した。

神戸製鋼フィフティーンは、昨年12月のトップリーグ優勝時に続いて「We are steelers」の替え歌を歌って歓喜を爆発させた。

リーグ戦に続いてカップ戦でも優勝した神戸製鋼のデーブ・ディロンHC(ヘッドコーチ)は「神戸製鋼には成長する思考がある」と語り、「昨季、高炉に火がともった。それをさらに強大にする」とさらなる飛躍を誓った。

一方、敗れたクボタのフラン・ルディケHCは、「神戸製鋼のショートパスはわかっていても止められなかった」と悔しさをにじませた。

今年はワールドカップがあるため、トップリーグの開幕は来年1月末からとなる。カップ戦も制した神戸製鋼時代の到来か。それとも他のチームが王者の連覇にストップをかけるか。

しばしのオフの後、再び各チームはリーグ戦に向けての準備を進めていく。

斉藤 健仁

最終更新:8/14(水) 10:44
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事