ここから本文です

浸水被害に土のうで備える 台風接近で高松市が作製場所を開設

8/14(水) 11:18配信

KSB瀬戸内海放送

 大型の台風10号の接近に備えて、高松市は14日、土のうの作製場所を開設しました。

 高松市番町の公園に設けられた土のう作りができる場所には、砂と袋とスコップが用意され、朝8時ごろから、浸水被害に備えようという人たちが訪れ、砂を袋に詰めていました。

(訪れた人はー)
「10個あればいけるかな、とは思うんですけど。今回規模が大きいんで、足りるかどうかわからないですけど」
「川が氾濫したら困るので来たんですけど、初めて。今度のは四国から中国に抜けるでしょ。ちょっと心配になって」

 土のうの作製場所は、14日と15日に高松市内の25カ所に開設されています。

最終更新:8/14(水) 12:04
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事