ここから本文です

大型の台風10号 宮崎県は昼過ぎから暴風域に

8/14(水) 10:15配信

MRT宮崎放送

大型の台風10号は、15日明け方に宮崎県に最も接近する見込みです。県内は、早いところでは14日昼過ぎから暴風域に入り、気象台は暴風やうねりを伴った高波、土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。

大型の台風10号は、午前10時には、種子島の南東約280キロの海上にあって1時間に10キロの速さで北西へ進んでいるとみられます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルとなっています。今後、台風が予報円の中心を進むと、県内は、早いところでは14日昼過ぎから風速25メートル以上の暴風域に入り、15日明け方、台風は県内に最も接近する見込みです。14日と15日の最大風速は、陸上で25メートル、海上で27メートル、最大瞬間風速は陸上で35メートル、海上で40メートルとなっています。

また、台風の発達した雨雲により14日昼前から15日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。15日午前6時までの予想降水量は、多いところで1時間に80ミリ、24時間で500ミリとなっています。

さらに15日にかけて海岸や河口付近の低地では高潮による浸水に注意が必要で、予想される最高潮位は1.5メートルとなっています。この台風の影響ですでに交通機関に乱れも出ています。宮崎空港を発着する空の便は、14日は全便欠航が決定しています。

また、JRは、日南線がすでに運転見合わせ、そのほかの路線については午後から順次運転を見合わせる計画です。このほか、宮崎と神戸を結ぶ宮崎カーフェリーは、14日と15日上下便の欠航が決まっています。

気象台は、暴風、うねりを伴った高波、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

最終更新:8/14(水) 10:15
MRT宮崎放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事