ここから本文です

超大型台風10号あす上陸か 九州厳戒、交通に混乱も

8/14(水) 9:05配信

西日本新聞

 超大型の台風10号は14日に強い勢力で九州や四国付近に近づき、15日に最接近、上陸する可能性が高まっている。進行速度が遅く、九州のほぼ全域が風速25メートル以上の暴風域に入り、海上は猛烈なしけ、陸上は猛烈な暴風雨が長時間続く恐れがある。お盆の帰省や旅行シーズンを直撃し、西日本の広い範囲で交通機関の混乱も予想される。

 気象庁によると、台風は13日夜、日本の南を北西にゆっくり進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。14日に九州の南に近づき、15日に九州、四国付近に最接近、上陸。西日本を縦断する見込み。

 14日にかけて予想される最大風速は九州南部30メートル(最大瞬間風速45メートル)、北部25メートル(同35メートル)。24時間予想雨量は多い所で、14日夕までに九州北部、南部ともに250ミリ。15日夕までに北部300~400ミリ、南部200~300ミリ。

 台風接近前や通過後も台風周辺の発達した雨雲がかかり、西日本では総雨量が千ミリを超える記録的大雨となる所もありそうだ。気象台は暴風や土砂災害、高波、低地の浸水、河川の氾濫に加え、台風接近と潮位が高い大潮の時期が重なることから、沿岸部に高潮への警戒も呼び掛けた。

 福岡管区気象台の飼野達也予報官は「『台風の目』が大きいのが特徴。『目』に入ると一時的に風雨が小康状態となるが、その後、急激に大荒れとなる。油断してはいけない」と説明。「15日は不要不急の外出は避けて」と訴えた。

 台風接近に伴い、JR九州は14日の在来線の一部運休や減便を決定。航空各社も宮崎発着便の終日欠航を決めるなど、九州各地の発着便に影響が出る見込み。最接近する15日は、さらに影響が拡大しそうだ。

西日本新聞社

最終更新:8/14(水) 9:05
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい