ここから本文です

【映像】ドイツ生まれの球技ヘディス ヘディングだけの卓球

8/14(水) 15:47配信

アフロ

「ヘディス」は、卓球台を挟んで直径15.9センチ、重さ100グラムのゴムボールを、ヘディングのみで打ち合うドイツで生まれた新感覚の球技で、“ヘディング卓球”とも呼ばれる。
 2006年、当時ザールラント大学の学生だったレネ・ウェグナーが考案した、卓球台を使ってヘディングだけで遊ぶゲームがヘディスの始まり。 
 それから13年たった現在、世界の競技人口は10万人まで膨れ上がり、世界各地で競技大会が開かれているという。
 
(ドイツ、カイザースラウテルン、8月14日、映像:Caters/アフロ)

最終更新:8/14(水) 15:47
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事