ここから本文です

中国・海亮グループ、米南部に銅管新拠点。現地シェア拡大目指す

8/14(水) 6:03配信

鉄鋼新聞

 銅管世界大手メーカーの中国海亮グループは2020年内をめどに、米国南部に新拠点を開設する。同社ではテキサス州ヒューストン郊外の都市シーリー市に23万平方メートルの土地を確保し、新工場の建設を開始したと発表した。国際戦略上での重要拠点として位置づけ、米国市場でのシェア拡大を狙う。
 新拠点建設プロジェクトの第一段階は20年末までに完了する予定。銅管を中心とした製品を製造し、約250人を雇用する計画となっている。中国企業による同市での大規模投資は初となる。
 同社では中国・東南アジア・欧州・米国に生産拠点を展開。米国での拠点増設を機に、現地市場でさらなる拡販を進める。
 海亮グループは昨今M&Aや大規模投資で事業規模を積極的に拡大させている。16年には欧州銅加工大手のルバタグループから中国・タイの銅管関連メーカー3社を買収すると発表。17年には中国重慶市での新拠点開設を、19年には伸銅品世界大手の独KMEからのドイツ・スペインの銅管工場買収を発表している。
海亮グループ/転換社債470億円発行
 銅管事業などを展開する中国の海亮グループは12日、31億5千万元(約470億円)の転換社債を発行すると発表した。9日に中国証券監督管理委員会に社債公募を申請しており、認証が得られた。

最終更新:8/14(水) 6:03
鉄鋼新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事