ここから本文です

【動画】台風10号北上中 西日本は大荒れ 大雨・暴風・高波に厳重警戒(14日7時更新)

8/14(水) 8:00配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風10号の影響で、きょう14日(水)は西日本で大荒れの天気となりそうです。
 大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。
 また、気温は日本海側を中心に高く、猛烈な暑さとなりそうです。

 大型の台風10号は今後も北上を続け、あす15日(木)には四国に上陸し、西日本を縦断する見通しです。
今回の台風は動きが比較的、遅いため、同じような所で大雨や暴風が長引くおそれがあります。

 台風接近前から台風外側の活発な雨雲が九州南部や四国、紀伊半島を中心にかかり続けます。
 九州南部や四国、三重県を中心とした東海では多い所で、あす朝までに500ミリの大雨が予想され、あさっての朝にかけては、東海や四国でさらに600~800ミリの大雨となる見込みです。
 トータルの雨量が1300ミリに達する所もあり、記録的な大雨となるおそれがありますので、土砂災害や河川の増水、氾濫、低地の浸水などに厳重な警戒が必要です。

 また、台風の接近に伴って風も強まります。
 特に四国や九州南部では40メートル以上の暴風が吹き荒れるでしょう。
 海も大荒れとなり、四国では10メートルの猛烈なしけ、そのほかも大しけとなる見込みです。
 高波や高潮にも厳重な警戒が必要です。

 きょうは台風から遠い関東や東北の太平洋側でも雨が降りやすく、雷を伴って激しく降る所がありそうです。
 気温は日本海側を中心に高く、北陸や山陰では37℃まで上がる予想です。熱中症にもご注意ください。
(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8/14(水) 8:19
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事