ここから本文です

吉田沙保里さんに愛知県からも県民栄誉賞 記念プレートには金メダルや連勝数の星がデザイン

8/14(水) 12:52配信

三重テレビ放送

 レスリング女子で五輪3連覇を果たし、今年現役を引退した三重県津市出身の吉田沙保里さんに、愛知県から県民栄誉賞が贈られました。

 吉田さんは、愛知県大府市にある現在の至学館大学を卒業後も練習の拠点とし、五輪3連覇を含め、世界大会16連覇を果たしました。

 これまでの功績をたたえ、愛知県から県民栄誉賞が贈られることになりました。

 13日、母の幸代さんと表彰式に出席した吉田さんには、愛知県の大村知事から表彰状が贈られました。

 大村知事は「これからも後進の指導とともに多方面で活躍して欲しい」と期待を寄せました。

 世界大会で獲得した16個の金メダルや、個人戦での連勝数を示す206個の星がデザインされたプレートのセットが記念に贈られ、吉田さんは実家に飾ったり上品に使いたいと笑顔を見せていました。

 吉田さんは、2012年に国民栄誉賞を受賞し、三重県からは県民栄誉賞や新設された県民栄誉特別功労賞などが贈られています。

 愛知県の県民栄誉賞は、浅田真央さん、星野仙一さんに次いで3人目です。

最終更新:8/14(水) 12:52
三重テレビ放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事