ここから本文です

京大卒・元日本一有名なニートpha「仕事や人間関係にすぐ飽きることは、長所かもしれない」

8/14(水) 12:30配信

新R25

「ガマンができないからこそ、合わないときにすぐやめられる」

天野:
今回は、「弱みが逆に強みになった」というお話を聞きたいんですが…

phaさんの場合、何か強みになっていることはありますか?

phaさん:
僕はガマンができない人間なので、「すぐやめることができる」のが長所だと思います。

ガマンできるタイプの人だと、イヤなことがあっても「途中でやめる」のができずに続けちゃったりするんですよ。なまじガマンできちゃうから。

だけど、イヤなことは早めにやめちゃったほうがいいんですよね。

「ガマンできない」ことは価値だと思います。僕は結局3年ぐらい働いたんですけど、それですら、もっと早く辞めたほうがよかったなって思いましたし。

天野:
会社だと、3年ぐらい頑張ったほうがいいという話もありますけど…

phaさん:
いやいや、1年もいれば自分がそこに合うかどうかなんてわかりますからね。それ以上いるのは時間のムダです。

自分は遅すぎました。

街や人間関係…いろんなことに「飽きてしまう」

phaさん:
僕、いろんなことに「飽きる」んです。「リセットしたい」という気持ちが出てきてしまう。

たとえば街にも飽きるから、2年に1回は引っ越します。

最初は「いい街だな」と思ってても、少しすると「毎日同じ景色を見るのに飽きた。別の場所に行きたい」ってなる。

天野:
コミュニケーションが苦手ということでしたが、“人間関係”もリセットしたくなりますか?

phaさん:
なりますね。面白いと思って付き合ってた人たちが、だんだんウザくなってきたりする。

“ウザい期”が終わると、また冷静に見られて仲良くできたりするんですけど。

たまに昔の友だちと会うと、「ずっと変わってないな」って思っちゃったりするんです。

それは、自分が変化しつづけてる証拠とも言えるかもしれない。

天野:
ちょっとわかる気がします…

たまに飲んでも話題がない感じ…

phaさん:
「このまま定年まで働く」みたいなことに絶望したのも、絶対飽きると思うからなのかもしれません。

あと…こういうこと言うのは気が引けるんですけど…

女性と長く付き合うのも苦手なんですよね。

天野:
ああ~…(謎の納得)

phaさん:
「夫婦がだんだん顔が似てくる」っていう話あるじゃないですか。

ああいう“一体化する感じ”がちょっとイヤだなと思っちゃうんですよね。本当は、一人ひとり別のことを考えている人間のはずなのに、融合してしまうのが怖い。

でも男女関係は、なんとかうまく続けられるようになりたいという憧れもあるんですよね。失敗ばかりですが…

3/4ページ

最終更新:8/14(水) 12:30
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事