ここから本文です

カフェでの勉強はいい? 悪い? メリットとデメリット

8/14(水) 12:24配信

ベネッセ 教育情報サイト

中学生や高校生になると、家や図書館で勉強するよりカフェで勉強した方が集中できるという人もいるかと思います。カフェでの勉強にはどのようなメリット、またデメリットがあるのでしょうか。今回はカフェで勉強するメリット・デメリットと、カフェで勉強する際の注意点をご紹介します。

意外と集中できる!? カフェで勉強する5つのメリット!

保護者は「カフェで勉強なんて…」と思われることもあるかもしれませんが、意外とメリットが多いのです。カフェで勉強する5つのメリットをみてみましょう!

【メリット1】お金を払った分勉強するモチベーションになる
カフェで勉強することは、お金を払って勉強する時間や空間を買っているとも言えます。「お金を払った分、元を取ろう」という意識が、しっかり勉強するモチベーションにつながります。

【メリット2】適度な音が流れている
カフェでは、お店の作業音やほかのお客さんの話し声、BGMなどさまざまな音が流れています。この静かでもなくうるさすぎるでもないちょうどいい音は脳を覚醒させ、勉強に集中しやすくなると言われています。

【メリット3】家と比べて誘惑が少ない
自宅にはテレビや漫画、パソコンやゲームなどさまざまな誘惑があり、勉強の合間につい手を出してしまいがちです。これに対してカフェでは勉強を妨げる誘惑がないため、勉強にきちんと集中できます。
また、他人の目もあるため、あまり堂々とだらけるわけにもいきません。気分を切り替えて勉強だけに集中するには、意外とよい環境とも言えるでしょう。

【メリット4】リラックスして勉強できる
カフェはそもそもコーヒーや紅茶を飲みながらくつろぐ場所であるため、自習室や図書館などに比べて快適に過ごしやすい空間になっています。勉強をする際にもリラックスしながら取り組めるでしょう。

【メリット5】勉強する場所を複数確保できる
勉強する場所がひとつしかないため、集中力が途切れて勉強しづらいという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。自宅や自習室だけでなく、カフェを勉強する場に加えれば、ひとつの勉強場所に飽きてきた際に別の場所に移動することで気持ちを切り替えられます。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 12:24
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事