ここから本文です

バイク離れに歯止めを!業界団体が仕掛ける若者インフルエンサー

8/14(水) 9:52配信

ニュースイッチ

「情報が若者に届いていない」

 2輪車業界が若者の需要喚起を積極化している。日本自動車工業会(自工会)では大学生に2輪車に関する体験を情報発信してもらう新たな取り組みをスタートした。国内2輪車メーカーも独自の啓発活動を進める。停滞する国内2輪車市場を活性化するには若者に身近に感じてもらえるかがカギをにぎる。

 「業界が発信する情報が若者に届いていない」。自工会二輪車特別委員会の日高祥博委員長(ヤマハ発動機社長)は、自工会が10―20代の若者世代などを対象に行った調査結果を受け、危機感をあらわにする。実際に2018年の国内2輪車販売は前年比3・8%減の36万9114台と統計史上初めて37万台を割り込んだ。

 自工会は、2輪市場の下落を食い止め、需要を喚起するには若者世代の興味関心を掘り起こすことが欠かせないと判断。そこで始めたのが「自工会二輪車普及アンバサダー」という取り組みだ。

 アンバサダーは都内に住む大学生8人を任命し、2輪免許取得に関する体験や達成したい夢などを会員制交流サイト(SNS)で発信してもらう。免許取得費用などは自工会で支援する。率直な意見を発信してもらうため、アンバサダーの素性は明らかにしない予定だ。まずは20年3月までの期間を予定。日高委員長は「数年にわたり実施する」と気長に取り組む考えだ。

 SNSを日常的に使う若者世代には、SNSによる発信が2輪の関心や興味を引きつける有効な手段だ。ホンダは「ホンダGO」というプロジェクトで旅先で若者らが思わず2輪に乗りたくなる映像などをウェブ上で発信している。

 多様な趣味を持ち各分野で活躍するインフルエンサー(世間に大きな影響を与える人物)の2輪旅などもSNSで紹介。インフルエンサーは「芸能人というより、バイクを日常的に使っているもう少し身近な人」(担当者)を想定し、若者らの共感も得たい考えだ。旅先と想定されるホテルなどと組み、2輪車のレンタルサービスも検討するもようだ。

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 9:52
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事