ここから本文です

乃木坂46新内眞衣、苦手な心霊スポットへの潜入企画に涙

8/14(水) 23:43配信

ニッポン放送

8月7日(水)深夜、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~)が放送。テレビ番組で、心霊スポットに潜入した企画の舞台裏を語った。

「乃木坂工事中」(テレビ東京系)では、7月28日(日)・8月4日(日)の2週にわたって「真夏の恐怖体験」企画を開催。前半の1週目はメンバーが体験した恐怖エピソードを完全ドラマ化し、後半の2週目はメンバーのリアル怪談話をはじめ、心霊スポット潜入ロケの模様も放送された。

今回は急なスケジュールの変更で、大の苦手な心霊スポットに潜入することになったという新内。これまでに友人と心霊スポットへ行くことになっても、一人だけ近くのコンビニで待機して参加しなかったエピソードを明かし、「ノリが悪いと思われたかもしれないけど、そんなのぜんぜん大丈夫。心霊スポットなんてノリで行く所じゃないし、そんな所に人生で行かなくていいんです」と主張。

「私は元々、恐怖体験のメンバーには入っていなかったんです。でも、ロケの数日前にスタッフから『行くはずだったメンバーが急に行けなくなって、(代わりに新内が)心霊スポットの担当になった』って言われて。仕事があることは本当にありがたいと思っているんですけど、その話を聞いた時ばかりは、27歳にして涙があふれました。本当にイヤで、こんなにイヤなことはなかなかないんですけど、本当にイヤだったんです。

ロケ当日は最初にお祓いをしてもらい、お守りとか塩を頂きました。その時にお祓いをしてくださった方に、『芸能人の方は基本的に運がいいんです。だから基本的には取り憑かれたりすることはあまりないんですが、もし本当に心配になったら、気持ちを満タンにしていけば絶対に大丈夫です』って言われたんです。

私なりに気持ちを満タンにすることを考えた結果、ひたすら心霊スポットでマシンガントークをして、待機していたロケバスで4期生の子に『趣味は?』『特技は?』『小学校の頃は何をしていたの?』って、めっちゃ聞いてラジオよりもしゃべっていました」

結果、心霊スポットではトラブルもなく、無事に収録を終えたという新内。翌日も、早朝からスタッフとお祓いに行き、しばらくの間は厄除けの粗塩を入れて入浴をするなど、徹底的にケアをして過ごしたと明かした。

ニッポン放送

最終更新:8/14(水) 23:43
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事