ここから本文です

思考の積み重ねでボクは“優雅”になれた。自分を形成する「人生の方程式」を教えよう

8/14(水) 13:00配信

新R25

アーティスト、実業家、俳優…と、マルチな活躍をみせるGACKTさん。

メディアでは「超一流芸能人」とも呼ばれていますが、その実態は謎に包まれています。なかには、「なぜGACKTはそんなにお金があるのか?」と疑問に思う人も多いでしょう。

その答えは、GACKTさんが上梓した書籍『GACKTの勝ち方』に記されています。

同書は、GACKTさんにとって初のビジネス本。お金の稼ぎ方はもちろん、自己ブランディングやメンタルリセットの方法など、GACKTさんが人生を通して学んだことを教えてくれています。

2019年でソロデビュー20周年を迎えたGACKTさんの人生哲学をとくとご覧あれ 。

メンタルリセット

何年か前にボクが格付け番組で発したこの言葉。

その後、言葉が一人歩きし、ちょっとしたブームとなった。

経営者、個人事業主、会社員。ビジネスをするすべての人たちにとって、メンタルリセットを行うことはとても重要。

だがボクがあの言葉に込めた想いとは違う、誤解された意味が広まっている気がする。

望まない結果、不測の事態など、人生において気が滅入るような状況は、何の前触れもなく発生する。

経営者なら尚更のことだが、その都度、悩んだり、落ち込んだりして足踏みをしてしまうのはとても効率が悪い。

そこで重要なのが、メンタルをリセットし、前進すること。

ボクは如何なることでも悩まないと決めている。

【悩む】という行為は停滞、もしくは後退の状況。

そのような状況からは一秒でも早く抜け出さなければならない。

ただ、世間が考えるようなメンタルリセットは、うまくいかなかった理由を何かのせいにして、「ドンマイ、気にするな」と傷を舐め合うような行為だ。

自分の努力不足や判断ミスで生じた望まない結果に対しては、ドンマイもクソもない。ダサいにもほどがある。

ボクのメンタルリセットはそうではない。そもそも前提が違う。

【ベストの選択と努力】が為されていることが大前提。その上で、【起こってしまった不測の事態は気にしない】というのがボクのメンタルリセットだ。

1/3ページ

最終更新:8/14(水) 13:00
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事