ここから本文です

「決断が早い」「迷わない」「やり切る」。女子ツアーのコーチたちに聞いた、渋野日向子の“すごいところ”

8/14(水) 20:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

AIG全英女子オープンを制し、帰国2戦目となるNEC軽井沢72ゴルフトーナメントに臨む渋野日向子。そのツアー会場で、女子プロたちを教えるコーチたちに、渋野の偉業について聞いた。

実力を大舞台で発揮できることが「差」になっている

渋野日向子の勝利が日本のゴルフ界に巨大なインパクトをもたらしたことは今更いうまでもないことだが、なかでも選手たち、そして彼女たちをサポートするコーチたちにとっては、同じツアーで戦う選手が世界の頂点に立ったことが非常に大きなモチベーションとなっているようだ。

渋野の偉業を「希望」という言葉で表現したのは、原江里菜や福田真未らを指導する森守洋。

「今まで全英女子オープンには二回帯同して行きましたが、周りの選手やコースなどから『予選通過して上位で戦えれば上出来』と思っていました。でも今回の渋野選手を見て、勝てるんだ、と改めて希望をもらいました」(森)

日本人でも、日本ツアーの選手でも勝つことができる。渋野の勝利が日本の、とくに女子ゴルフ界にもたらしたのはこの「希望」だろう。

では、その勝利はなにによって達成されたか。コーチたちは、それぞれが分析を進めている。まずは、今年初優勝を挙げた稲見萌寧らを教える奥嶋誠昭は言う。

「小手先を使わないスウィングがいいですね。下半身で打ています。それは、決断が早く打つ前に迷いがないからできること。ショットでもパットでも、決めたらテンポよく振ることだと思います。それが優勝争いの中で攻める気持ちを持ってできていた。コーチをする選手とも話しましたが、やっぱりそれが大事です」(奥嶋)

ツアーの練習場を見れば、みんな素晴らしいボールを打っている。その球を大舞台の優勝争いの最中に打てるかどうかが重要で、奥嶋は「優勝争いの中で、攻める気持ちを持ったまま、迷いなく素早く決断する」ことで、それができていたと分析。松田鈴英らを教える黒宮幹仁も同意見だ。

「自分の持てる力を発揮するメンタルがすごいですよね。決断の早さと迷わないで打てるところ、練習場と同じ球を優勝争いの中で打てて、自分の力を発揮できるところが強さですね。実力はみんなあると思いますが、その実力を発揮することが差になっているんだと思います」

黒宮は、大舞台での決断力と実行力を「やりきる力」と表現。技術的には、「距離を合わせるようなショットでもスウィング中に“合わせる”動きが入らない」ことを評価した。

決断の早さ。迷わないで打つこと。それを最後までやりきること。コーチたちが口を揃えるのは、渋野のそんなプレースタイルが勝利に結びついたということ。渋野の強さは、やはりスウィングや計測器のデータには表れない“内面”にあるようだ。

撮影/小林司

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:8/14(水) 20:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事