ここから本文です

日韓関係悪化による需要減で 富山ソウル便 来月から運休に/富山

8/14(水) 19:29配信

チューリップテレビ

 韓国のメディアが航空会社エアソウルが富山・ソウル便を来月16日から運休すると報じました。
 日韓関係の悪化で需要が減っていることが影響したとみられます。

 韓国の通信社「連合ニュース」の報道では13日、航空会社のエアソウルが富山・ソウル便を来月16日から運休すると発表したということです。
 富山・ソウル便は週3便を運航。
 エアソウル富山支店によりますと今年4月から7月の搭乗率は80.6%と前年を3.4ポイント上回り好調でした。
 しかし、日本政府の輸出規制強化の影響で8月以降のソウル発の予約数は前の年の6割に落ち込みました。
 県は「エアソウルからの連絡はなくまだ事実確認ができていない」としていますが先月末、県の担当者がエアソウル本社を訪れた際には「韓国国内の不買運動の影響で運航の維持が厳しい状況にある」という説明を受けていたということです。

チューリップテレビ

最終更新:8/14(水) 19:29
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事