ここから本文です

台風10号 木曜朝にも四国へ 大雨や高潮に厳重警戒

8/14(水) 23:29配信

ウェザーマップ

 大型の台風10号は木曜の朝にも高知県付近に進み、そのあと夜にかけてゆっくりと愛媛県・広島県・島根県あたりを北上する見込みだ。また、紀伊半島周辺でも、大雨や高潮に警戒が必要だ。

<大雨>

 台風の動きが遅いため、西日本を中心に金曜日の朝にかけて長い時間激しい雨が降り続くとみられる。

 特に紀伊半島から西の斜面が南東向きの地域では、1000mmを大きく上回る総雨量となるおそれがある。土砂災害や、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要だ。

<暴風・高波>

 台風に近い九州や四国では最大瞬間風速40メートル、東海から奄美の広い範囲で最大瞬間風速35メートルの暴風が予想されている。また海も大しけで、東海から九州にかけては9~10メートルの高波となるところがありそうだ。こちらも台風の動きが遅いため、影響が長く続くおそれがある。

<高潮>

 潮の満ち引きが大きい大潮の時期にあたるため、西日本では高潮への警戒も必要だ。
 台風の中心付近だけでなく、近畿地方など少し離れた地域でも高潮が起こりやすい状態となる。満潮時刻の前後は海から離れるなどの対策が必要だ。

金曜夜には温帯低気圧となり北海道付近へ

 台風は木曜の夜遅くには日本海へ抜けて、その後も北上を続けるとみられる。金曜夜には温帯低気圧に変わる見込みだが、勢力はあまり衰えないため、進路に当たる北海道では大荒れの天気となるおそれがある。

最終更新:8/14(水) 23:50
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事