ここから本文です

メキシコ火山、噴火の瞬間 オレンジ色の煙が空高く

8/14(水) 14:48配信

ロイター

 メキシコで13日、現地時間午前5時43分にポポカテペトル火山が噴火した。火山灰が吹き上げられ、高熱の噴石が続いた。
 日の出直後には、雪をかぶったクレーターから、さらに多くの火山灰やガスが噴出。高度は約1000メートルまで達した。
 ポポカテペトル火山は標高5426メートル。メキシコで2番目に、北米では5番目に高い山となる。

最終更新:8/14(水) 14:48
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事