ここから本文です

セリーナ 背中の負傷で棄権「悲しい。できること全てやった」<W&Sオープン>

8/14(水) 12:12配信

tennis365.net

W&Sオープン

女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTAプレミア)は13日、第10シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が背中のけがで棄権すると発表した。

【大坂らW&Sオープン対戦表】

セリーナは前週のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア)で決勝へ進出したが、背中の負傷で途中棄権して優勝を逃していた。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトにはセリーナのコメントが掲載されており「最も出場したい大会の1つであるW&Sオープンを棄権するのは本当に悲しい。試合へ向けて、できることは全てやっていた。朝の練習の時もできると願っていた。でも残念ながら背中の状態はまだよくなく、コートに立ってはいけないと悟った」と述べている。

「大会ディレクターのA・シルバや、プレーするチャンスを与えてくれたWTAに感謝したい。シンシナティの素晴らしいファン全員にも。その応援は本当に意味が大きい。来年また戻って来れるように最善を尽くすと約束する」

セリーナの代わりに世界ランク56位のJ・ペグラ(アメリカ)がラッキールーザーで本戦入りし、1回戦で同80位のZ・ディアス(カザフスタン)と対戦する。

最終更新:8/14(水) 12:12
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事